ベトナム北部旅行記(サパ編その②)~トレッキングとバック・ハー市場に行ってきた!~

  187  

こんにちはさいふぁんです。引き続き今回もサパについてです。

(サパの街についてはこちら サパ編その①~サパに滞在して分かったこと~)

今回は2日間滞在したのでトレッキングとバックハー市場に行ってきました。

さいふぁんは滞在したホテルでツアーを手配してもらい、トレッキングとバックハー市場に行きました。両ツアーとも費用は14$でしたが安いか高いかは正直わかりません。あまり時間がなかったので事前に予約しました。  

スポンサーリンク
レクタンクル(300×250)

ラオチャイ村、タヴァン村トレッキングツアー

朝9時半にホテルの前に集合!14歳の黒モン族の女の子がガイドでした(結構かわいい)。

ホテルから歩くこと約15分、そこにはサパの壮大な棚田群が広がっていました。 176 183 

途中何回か休憩をはさみます。

162

トレッキングの道は舗装されておらず、この日は晴れていたにもかかわらず道はぬかるんでいました。かなり滑りやすいのでサンダルはおすすめしません。 かといってさいふぁんのようにスニーカーでいくと泥だらけになります。やっぱりトレッキングシューズがベストなのでしょうか(そんなの持ってねぇよ)。

昼休憩をはさんだ後、やはり歩きます。かなり急な坂道もありました。  

ここで目の前に広がるのは…   なんと…  

棚田です。(笑) いやもう本当に規模がちょっとおかしいです。

いったい何年かかったんでしょうか…

193

途中何度も水牛とアヒルに会います。、

ちなみにスーちゃんとても英語が上手でした。
中学校まで通った後、あとはひたすら観光客を練習相手に英語を練習したらしいです。 すごいなスーちゃん…。  

(今回ガイドの黒モン族の方々)

  15時ころ最終目的地のタヴァン村に到着!同じトレッキングツアーに参加していたアメリカ人と韓国人はこの村でホームステイをする予定とのことでした。残念ながら私はしませんでしたがおもしろそうですね。  

バックハー市場ツアー

バックハー市場とはサパの街から110kmほど離れた少数民族が集まる市場です。

特に毎週日曜日にはサパの各地から少数民族が集まる大規模なマーケットが開かれます。

基本的には日曜日だけということなのでさいふぁんはサパでの滞在2日間に日曜日が重なるようにしました。  

ツアーはホテルの前を7時半に出発し、途中ラオカイ駅周辺でトイレ休憩をはさみ、計3時間半かけてバックハーに到着!

221  

おぉ!君たち本当に少数民族なの?って聞きたくなるくらいたくさんの少数民族がいます。

274 322

(やっぱり子供はどの国、地域にいっても可愛いですね)

307 292
(ちょっと現代風の着こなしですね。さいふぁん的にはおしゃれだと思う!)

  2時間の散策を終えた後、今度は近くにある花モン族の村へ…

324

そして最後に中国とベトナムの国境を見学しました。

少し見づらいかもしれませんが向こう側には中国語がちらほらと見えますね…

335

こうしてツアーは終了。

希望者はラオカイ駅で降ろしてもらうことも可能なようです。

列車で帰る人はここで降ろしてもらいましょう。

ツアーを終えて

サパを訪れるベストシーズンは11月なのか?

なぜさいふぁんが11月の休み期間にこの旅行を決行したかというと、「地球の歩き方」にサパのベストシーズンは11月~3月と書いてあったからです。確かにサパでの2日間、見事に晴天でした。気候的には雨季が過ぎ、天気が良い日が続くのは確かだと思います。

ただ棚田を見るにあたってベストシーズンかどうかといわれると△。

11月は稲刈りが終割った後だからです。田植えを終えてしばらく経ったあとは本当に1面が緑の景色を見ることができ、稲刈りのシーズンには一面の黄色い景色が見れるそうです。

おそらく雨も多いのでトレッキングの際は対策が必須だとは思いますが…。

img_3

ウィンドブレーカーは持っていこう!

11月のサパは朝晩は冷え込みます。

ということでマウンテンパーカー的なものを持っていくことをおすすめします。

欧米人の中には半袖で過ごす猛者もいましたが…。  

以上がツアーの様子でした。なんだかんだサパはおすすめです!

景色は綺麗ですし、少数民族の方々の衣装は本当に素敵です。

実際に目で見る価値はあると思います。

ハノイ~サパを結ぶ道路が完成した現在は列車だけでなくバスで比較的簡単に行くことができます!ベトナムを旅行する際は是非サパへ行くことを検討してくださいね!

スポンサーリンク
レクタンクル(300×250)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタンクル(300×250)
コメントの入力は終了しました。