ベトナム南部旅行記(ムイネー編その①)~ムイネーへの行き方、街の様子~

040

こんにちは、さいふぁんです。

実は12月の前半、大学の友達とムイネー、ダラットに旅行へ行きました。

ベトナム南部はホーチミン以外、知っている方も少ないですよね。
ムイネー、ダラットの旅行の様子を何回に分けて記事にしていきたいと思います。  

まず初めに訪れたのはムイネー。

今回の記事ではムイネーの街の様子や泊まった宿、ムイネーへの行き方について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(336×280)

ムイネーってどんなとこ?

ムイネーはビントゥアン省の中のファンティエットという街にある小さな村です。
ベトナムのリゾート地であるニャチャンとホーチミンのちょうど真ん中くらいですね。

006

ムイネーには大きな通りが一本あり、この通りに沿ってホテルやツアーデスク、レストランが並んでいるというなんともシンプルな街です。  

ただ思ったより観光地化されてなかったですね。レストランが予想より少なかったです。

結構静かな町でした。平日だったからかな?

ムイネーへの行き方

鉄道かバスか

ホーチミンからムイネーへの行き方は鉄道とバスの2つの方法があります。

鉄道で行く場合はサイゴン駅から約3時間ほどかかるそうです。

一方バスで行く場合は約5時間かかります。その分バスの方が一般的に安いようです。  

結論から先に言いますと、バスの方が個人的にはお勧めです。

理由はかかる費用です。列車の方がバスに比べてかなり高くつきます。

列車に乗った場合、ファンティエットのムオンマム駅で下車するのですが、結構ファインティエットの中心街からムイネーまで結構離れているんですよ。ファンティエット市内からムイネーまで行くと20万ドン以上とられると思います。  

ですからバスの方がおすすめです。 5時間と多少長いですが、寝てればあっという間です。

バスでの行き方

というわけで今回さいふぁんはバスで行きました。使ったのはTheSinhTouristのバス。

予約方法はとても簡単です。

シンツーリストHP→TRANSPORTATION→BusTicketと進みます。

Sai Gon→Mui Neを探し、乗りたい日時を指定するだけ。(クレジットカードで決済可能)

料金は99000VNDでした。  

バスの時間は7:15、14:00、20:00、20:30の4本です。  

今回は7時15分のバスを予約。

さいふぁん一行は6時50分に到着。 カウンターでレシートを渡し、乗車券をもらいます。

001

なんと乗ったバスはスリーピングバス。サパの時とほぼ同じやつです!

(サパ行きの寝台バスについての記事はこちら)

座席も指定席でオーバーブッキングもなし! ただ今回はトイレがついていませんでした。

007

バスは7時30分過ぎに出発して途中休憩を一度挟み、約5時間かかって12時半頃、ムイネーのシンツーリストオフィスに到着。ちなみに当初の到着予定時刻は14時でした。

IMG_0508

特に問題もなく(というか爆睡)、快適な旅でしたよ♪

今回泊まったホテル

115

今回泊まったホテルはRang Garden Hill Side Resortという場所。

予約はExpedia経由でしました。

料金はダブルベッドが2台ある部屋で4766円。4人で宿泊したので1人1200円くらいですね。

005

部屋は十分広く、外には素敵なバルコニーがありました。 ホテル内にはプールもあり宿泊者は使用可能です。まぁまぁ綺麗でした。  

朝食も値段相応といったところでしょうか。おいしくはなかったです(笑)  

ただ一つだけこのホテルには問題があります。  

それは虫が結構部屋に入ってくることです(笑)
滞在中に何度もハエや小さな虫が部屋に侵入してきました。

あとゴキブリも3匹くらいでました。  

結論としてはあんまりおすすめではありません。    

次回はいよいよムイネー観光編です。お楽しみに!!!
ベトナム南部旅行記(ムイネー編その②)~ホワイト・サデューンに行ってきた!~  

スポンサーリンク
レクタングル(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(336×280)
コメントの入力は終了しました。