ミャンマー旅行記(マンダレー編その③)~怪しいお兄さんツアー(後半)~

377

こんにちは、さいふぁんです。マンダレー観光、怪しいお兄さんツアー後半です。
前半の記事:ミャンマー旅行記(マンダレー編その③)~怪しいお兄さんツアー(前半)~

後半はザガインとアマラプラにあるウーベイン橋の様子を書いていきます。

マンダレーは本当に最高の場所でした。

スポンサーリンク
レクタングル(336×280)

ザガインヒル

284

昼食後はザガインへ。途中、エーヤワディー川を鉄橋で渡ります。

281

目指すは向こうに見えるザガインヒル。

しかしこのへんも建設中の建物が多く、船が行きかっていました。
数年後はホテルなどがたくさんできるのでしょうか?

286

 さぁ、ザガインヒルへ到着です!(あ、いやな予感)

287

おぉぉぉ、やっぱり登るんですね笑   この階段、かなり長いです。めっちゃしんどい…。

288

犬「え、もう疲れたの?」

290

Kenさん早いよ…。ちょっと待って…。  

291

やっとのことで頂上に到着。

305

頂上にはやはりパゴダがあります。

298

頂上からはエーヤワディー川が一望できます。
こうして見てみるとやはりまだ開発途中という感じです。

308

小さな僧たちが記念写真を撮っていました。かわいいですね笑  

※ザガインヒルには日本人戦没者の墓があるらしかったのですが、下調べをしなかったため、知らずに通り越してしまいました。

ウーベイン橋

357

最後にやってきたのはアマラプラにあるウーベイン橋。世界最大級の木造の歩道橋です。
ここから見る夕日がとても綺麗なことで有名です。  

さいふぁん達が到着したのは午後4時ごろ。 まだ少し日没までには時間がありました。

313

しかし、凄い人ですね笑。普段はこんなに混まないようですが…。

320

橋の途中で降りるところができる場所を発見!

椅子もあることですし、ビールを飲みながら休憩します。

327

子供が釣りをしていました。 

339

 そしてなぜかKenさんも釣りに参戦(笑)

335 336

おっ、どうやらボートに乗れることができるみたいです。

料金は12000チャット。2人で割れば約600円です。 360

もちろん乗ります!  

361

もちろんビールを持って笑

363 377

夕日が沈むにつれ、ウーベイン橋の見え方が変わってきます。

400

いよいよ日が沈みます。どの船もスタンバイok!

407 408

う~ん、最高!完璧な一日の終わりです…。

完璧すぎる…。  

絶対にウーベイン橋は夕方に行った方が良いと思います!

まとめ

結局、バイクタクシーのお兄ちゃんは良い人だった。

バイクタクシーのお兄さん、凄い良い人でした。チップも一切求めてこなかったですし。

東南アジアに長く住んでいると人を疑う癖がつきますね(悪いことではないと思います)。  

次の日の早朝、ホテルからバスターミナルまでまた3000チャットで送ってもらいました。 (日曜日だったのにもかかわらず)  

もちろん全てが良い人ではありませんし、ツアー料金の20000チャットが高いのか安いのかは分かりません…。それでもツアー中、いろいろなことを教えてくれ全く飽きなかったです!

マンダレー、大好きになりました。  

※ツアーの最後に「このツアー、20000チャットって高いかな、安いかな?」と聞かれました。現地の人も相場がよく分かってないんですね笑。

※マンダレー郊外のインワー、アマラプラ、ザガインは入域料をとられるようです。ですが今回のように入域料の支払いを回避するルートも結構あるらしいです笑

マンダレーはおすすめ?何日必要?

結論から言うと…  

さいふぁん的にはおすすめです  

人も優しかったですし、さいふぁんが行った場所はお世辞抜きに最高でした。  

マンダレー観光は丸一日あれば十分だと思います。
そのなかでも…

・マハムニ・パゴダ
・インワ
・ウーベイン橋(夕方)

この3つは是非行って欲しいなと思います。  

他の観光地と比べた外国人が少なく、のんびりとしたマンダレー。
時間に余裕のある方は是非行って欲しいです!  

ということでマンダレー編は終わり!次はバガンです!  
ミャンマー旅行記(パガン編その①)~パガンってどんな感じ?~

スポンサーリンク
レクタングル(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(336×280)