ミャンマー旅行記(カロー編その①)~カローという街を知ってるかい?~

677

こんにちは、さいふぁんです。バガン観光編はもうご覧になりましたか?

さいふぁん達が次に向かったのはカローという街。ほとんどの人が知らない街だと思います。さいふぁんもミャンマー旅行を計画する前はカローという街の存在を全く知りませんでした。

ミャンマー旅行を検討されている方、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(336×280)

カローってどんな街?

①何もない

「カローってどんな街?」と聞かれると非常に困ります笑   だって何もない町なので 677

大きな国道沿いにあるこの町には本当に見るものがありません。

 700

街の中心部には市場がありますが特に面白いものはないと思います。  
本当に何もない静かな町です。

②寒い

何もないカローですが一つだけ特徴があります。

冬場は東南アジアとは思えないくらい寒いということ。
特に朝晩は10℃前後まで冷えます。  

半袖とロンジーしか持っていなかったさいふぁんはマジで死ぬかと思いました笑  
行く方は必ず上着を持って行ってください!!!

③トレッキングの拠点

ここまで聞く限りだとカローって…  

なにもないただの超寒い街  

って思いますよね?  

そう思ったそこのあなた!  

そう、その通りですwww  

カロー自体には観るべきものはほとんどありません。  
カローはトレッキングの拠点として有名だからです。  

詳しくは次回紹介しますがカローからインレー湖までのトレッキングツアーがあります。
ツアーは1泊2日から3泊4日のものまであります。  

そしてこのトレッキングツアーが超おすすめなのです。  

カローからインレーまでの雄大な自然の中を歩き、農村に宿泊するというこのツアー。  
ミャンマーのローカルな魅力を満喫することが出来ます。  

カローはこのトレッキングツアーの拠点として有名なんですね。

ミヤマティ洞窟

690

カロー自体には観光する場所はないのですが、タクシーで30分ほど行ったところにミヤマティ洞窟という場所があります。タクシーは往復で15000チャット。

今回はトレッキングツアーを申し込んだ際に会った方と一緒に行きました。
ですので一人当たり5000チャットです。

698

ここが洞窟の入り口。洞窟寺院になっているようです。
当然寺院なので土足厳禁です。 拝観料は確か1000チャットでした。

683

中は結構寒いです。特に足元が冷える!

680

洞窟はそこそこ大きな規模で仏像が大量にあります。  
ちょっと不気味な雰囲気でしたね 。

695

ちなみに入口と出口が別です。 外に出るといくつかお店がありました  

時間が余った方は行ってみる価値はあると思いますよ!

今回泊まったホテル

winner-hotel

今回泊まったホテルはWinner Hotelというホテルです。
運良く地下1階にある一番安い部屋が空いていたのでそこで宿泊。  

料金は一部屋25000チャットでした。
お湯もしっかり出ましたし、部屋もまぁまぁ清潔。相変わらずWifiは壊滅的でしたが…。    

多くの人はバガンを朝出発して午後にカローに到着すると思います。

午後に到着後、トレッキングの予約をし、時間が余った場合はミヤマティ洞窟に行くのがベストだと思いますよ!  

トレッキングについては次の記事でたっぷり書きたいと思います!  
ミャンマー旅行記(カロー編その②)~トレッキングに参加してみた(前編)~  

スポンサーリンク
レクタングル(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(336×280)