ベトナム南部旅行記(ダラット編その②)~ダラットの観光地ってどうなの?~

148

こんにちは、さいふぁんです。

今回はいよいよダラット観光編です。

今回はダラットに2泊3日滞在しました。

まだまだ観光地としては知名度の低いダラット。
果たしてその実力はいかに…。

スポンサーリンク
レクタングル(336×280)

バオダイの別荘

138

まずは最初に行ったのはダラットの中心街から少し離れたバオダイの別荘。

といっても街の中心にあるダラット市場からタクシーを使えば10分程度。

歩いても30分前後で着きます。

で、バオダイって誰???

Bao_Dai_1953

(Wikipedeiaより引用)

バオ・ダイは19世紀から20世紀半ばまで続いた阮王朝最後の皇帝です。

結構波乱万丈な生涯を送っていて、とても複雑な歴史(説明するのが面倒臭い)のため、省略します。(ごめんな、バオダイ)

いざ別荘内へ…

いざ別荘の内部に入ります。

127

おぉ

132

おぉぉぉぉ?

133

…地味です。  

なんでしょう、皇帝の別荘間ゼロです。特にはでな装飾があるわけでもなく、中途半端な西洋風の建物といった感じです。正直いって観光地としては微妙…。 やる気のない別荘だ…。

外に出ると、営業しているのか分からない売店がたくさんあります。

お、ここでColin君が何かを発見した模様…。(今回がもう3回目の登場です笑。) 141

ダラットスタジャンですw(い、いらねぇ)。

ちなみに横にいる女の子はColin君の友達のPolinちゃんです。(ややこしい)
※兄弟ではありません。  

しかし、なんでしょう…。フランス人はダラットスタジャンまでお洒落に着こなすんですね。

フランス人半端ねェ…。  

とにかく、ここはあんまりおすすめしません笑。(ごめんな、バオ・ダイ)

クレイジーハウス

144

次に向かったのはクレイジーハウス。 ここはロシアで建築を学んだベトナム人女性が設計した建物だそうです。 バオダイの別荘から歩いて15分ほどです。行くまでの道が西洋風の結構お洒落な通りなので歩いて行ってもいいかもしれません。  

では中に入ってみます。(入場料は40000VND)

148

おぉ、クレイジー???(キモい)

168

クレイジーハウスのテーマは「自然との調和」だそうです。

建物と木を中心に縦横無尽に通路があります。

181

…ん???  

思いっきり建設途中www。  

実はこのクレイジーハウス、まだ未完成のようで完成は2020年のようです。

サ○ラダ・ファ○リアみたいですね。  

まぁまぁおもしろいかな~とも思っていたのですが… 165 179

Polin「全然coolじゃないわ、建設中の偽ディズニーランドじゃない」  

さいふぁん「あははぁ~そうだね~(えっ?マジ?)」  

またもや芸術センスをフランス人に否定された感じがします(涙)!!!  

フランス人が言うからには微妙なのでしょう!!!

ダラット大教会

186

次に行ったのはダラット大教会。

188

うーん、教会はホーチミンでも見れるしなぁ。 なんだかなぁ…。

でっかい茶畑

220

1日目はなんだかイマイチな感じで終わってしまったダラット観光。

2日目はベトナム人の友達のお勧めの場所に連れて行ってくれました。  

ちなみに行き方は全く覚えていません!というか外国人の観光客はいませんでした!
こんなところもあるんだぁというスタンスで見ていただければ幸いです。  

まず向かったのはでっかい茶畑。そう、ダラットはお茶の名産地でもあるのです。

218

おぉ!やっぱりおすすめの観光地だけあってデカい!

231

Colin「Amazing!」(またかよ笑)  
※ちなみに途中小雨が降りだしたので、雨合羽を購入しました。

ほんと、なに来てもお洒落だな、この人たち…。   結構面白かったです!
(あれ、日本でも静岡あたりでこんな風景見れるんじゃね?)

友達のおじいちゃんの家(笑)

242

次に向かったのは…   友達のおじいちゃんの家www

239

どうやら6年ぶりの再会のようです。感動の再会!!!

236

やはりダラットの建物はどこか西洋風の外観をしていますね。  

そしてこのおじいちゃん、なんと只者ではなかったのです。  

なんと地主(笑)

242

家から少し離れたところにでっかい農場を持っています。

241

ダラット名産の果物や野菜の他、お花もたくさん栽培しているようです。

旧正月が近づくとこの花はすべて都市部に出荷されるそうです。  

地元の人の生活が垣間見れました。 友達のおじいちゃんの家、おすすめ!
(参考にならなくてごめんなさい)

まとめ

ダラットは観光におすすめなのか?

はっきり言いましょう…  

観光地としては微妙です笑  

あんまりamazingではありません笑  

確かに街並みはどこか西洋風でお洒落なんですが、とくにおすすめの観光地は発見できませんでした。 ホーチミンからバスで9時間ということを考えると、ちょっと微妙かな~というのが正直な感想です。

もっとホーチミンから近いムイネーならおすすめなんですけどね。
参考記事:ベトナム南部旅行記(ムイネー編その②)

ベトナム在住者の方ならともかく、わざわざ日本から来た人は行かなくてもいいと思います。

まぁなんといっても避暑地ですからね~。のんびりするのが一番なのかもしれません。  

ただひと~つ!おすすめしたい場所があ~る!!!  

それはまた次の記事で♪  
ベトナム南部旅行記(ダラット編おまけ)~ダラットの真のおすすめスポットはここ!~

スポンサーリンク
レクタングル(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(336×280)
コメントの入力は終了しました。