ミャンマーの長距離バスのサービスが尋常じゃない件について

420

こんにちは、さいふぁんです。

今回はミャンマー旅行記の番外編、ミャンマーの長距離バスについてです。

ミャンマーの主要な観光地は一つ一つが結構離れていて、主な移動手段は長距離バスor飛行機になります。しかし飛行機は値段が高く、価格志向のバックパッカーはやはり長距離バスが主な移動手段になります。 もちろん、さいふぁんは貧乏バックパッカースタイルで旅行しているので、今回のミャンマー旅行ではすべてバスで移動しました。 長距離バス自体はベトナム北部旅行でも利用したので、初めての利用ではないのですが…

参考記事:ベトナム北部旅行記(サパ編その③)~寝台バスに乗ってみた!~

ミャンマーの長距離バスはとにかくサービスが尋常ではなかったのです。

スポンサーリンク
レクタンクル(300×250)

ミャンマーでの長距離バスチケットの購入方法

ミャンマーで長距離バスのチケットを購入する方法は大きく分けて2つあります。

バスターミナルで購入

これが最も安い方法です。 ミャンマーには多くのバス会社のチケットがあります。

バスターミナルに行くと各会社のオフィスがあり、基本的にはそこからバスが出発します。

ちなみに各バス会社の料金や特徴をまとめた便利なサイトがこちらです。

バックパッカー必見!バガン発着高速バス名鑑、2014年7月版(外部サイト:地球の歩き方) ミャンマー長距離バス情報(外部サイト:Yangonow)

数あるバス会社の中で評判が良いのがJJ ExpressとE-lite。
とりあえずこの2つのどちらかで予約することをおすすめします。

ツアーデスクで購入

もちろん、バスターミナルで予約するのが一番安いのですが一つだけ大きな問題があります。 

それは多くのバスターミナルが市内中心部から離れていることです。

例えばヤンゴンの主要な長距離バスターミナルであるアウン・ミンガラーバスターミナルはほぼ空港の近く。タクシーで行くと片道で行くと6000~10000チャットかかります。
往復で行くとそれだけでバス代に匹敵するんです笑。

ということでツアーデスクの出番です。 主要な観光地の市内には多くのツアーデスクがあり、バスの予約をすることが可能です。 もちろんツアーデスクで予約をすると手数料を取られるので若干割高にはなります。 しかし高くなるといっても200円から400円前後。バスターミナルが遠い場合はツアーデスクを通して予約をましょう♪  

一番効率の良い方法は目的地到着時にその次に乗るバスの予約を済ませておくことです。

いざ、ミャンマーの長距離バスに乗車!

今回はヤンゴン~マンダレー間の長距離バスのレポートです。 420

利用したバス会社はE-lite。(JJ Expresは満席でした)  

バス内に乗車すると、結構冷房が効いています。  

ちょっと寒いなぁ…。毛布でもあればなぁ

145

あ、あったぁあぁぁぁぁぁぁぁ!  

バスの座席もフルフラットとまでは行きませんが、140度くらいは傾きます。
寝るには十分ですね。  

しかしちょっとお腹が空いてきましたね…。
なにせシュエダゴン・パゴダを出て大渋滞にはまったもんですから、ご飯を食べる時間がなかったのです。  

あぁぁぁ、腹減ったなぁ。なんか食べるものでもないかなぁ…

943

おぉぉぉぉぉ!なんか軽食がついてきたぁ!ハンバーガーとカップケーキ)

あー、でもハンバーガーとカップケーキ食べたら喉乾いt…

944

おぉぉぉぉぉ、なんかジュース配られたぁぁぁ  

食後のコーヒーが飲みたt…  

おぉぉぉ、ホットコーヒーもきたぁぁ!写真撮り忘れました、すいません)

お腹がいっぱいになったところで一眠り。  

12時過ぎ頃に一回目のトイレ休憩です。(といっても30分も休憩時間がありました)

さっき甘いもの食べたし、寝起きだからなぁ…。歯磨きがしt…

FullSizeRender

歯ブラシセットきたぁあぁぁぁ!  

感動です。  

すべての欲求を満たしてくれる長距離バスがここにはある。

ちなみにミャンマーの両距離バスには添乗員がいます笑 サービス精神がすごいです。
なんだかビジネスクラスに乗っている気分です。  

いや~、ベトナムとは大違いだな~。
参考記事:ベトナム北部旅行記(サパ編その③)~寝台バスに乗ってみた!~  

休憩は12時半と3時ごろの計二回。 乗り心地も悪くなく、9時間の乗車時間はあっという間。

まとめ

E-liteのサービスをまとめると

・添乗員×2
・ペットボトルの水
・軽食 ・ジュース(いろいろ選べる)
・毛布 ・テレビ(各座席にありました)
・歯磨きセット 価格はヤンゴン市内のツアーデスクを通して20200チャット。

サービスは申し分なしです。

※E-lite以外の長距離バスも利用しましたがサービスはE-liteが一番でした。  

いままで乗った長距離バスの中で間違いなく最高でした!
ミャンマー以外で長距離バスを使ったことのある人こそ利用してほしいです!!!  

次回はマンダレー編!お楽しみに!  
ミャンマー旅行記(マンダレー編その①)~怪しいお兄さんについていってみた~

スポンサーリンク
レクタンクル(300×250)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタンクル(300×250)