ミャンマー旅行記(バガン編その②)~やっぱりバガンは最高だった~

485

こんにちは、さいふぁんです。今回はいよいよバガン観光編です。
広大な遺跡群のあるバガンには3000以上のパゴダがあると言われています。

限られた時間の中でどの遺跡を周ればいいか迷っちゃいますよね???

バガンへの旅行を検討されている方は是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタンクル(300×250)

バガンの遺跡を探検!

バガンの遺跡、まずはここに行け!!!

以下、さいふぁんが行ったパゴダを挙げます。 どれもバガン内では有名ですので、迷ったらまずはここを訪れてみてください。

シュエズィーゴォン・パヤー

536

ニャウンウーに近いところにあるシュエズィーゴォン・パヤー。

バガンでは珍しい白と金を基調にしたパゴダでした。

548

パゴダに行くまでの大きな通路の雰囲気が良かったです。

ティーローミィンロー寺院

462 463

パガン内の遺跡の中では大きい部類に入る・ティーローミィンロー寺院。

464

ちなみにここでロンジーを購入しました◎

スラマニ寺院

593 588 589

レンガ造りのパゴダ。中にはフレスコ画も多数あり、不思議な雰囲気の漂うパゴダでした。

ダマヤンヂー寺院

608

こちらのパゴダも大きなレンガ造りのパゴダ。心霊スポットしても有名らしい…。

602 604

確かにミステリアスな雰囲気がありましたね…。

アーナンダ寺院

573 567

白を基調とした美しいパゴダでした。他のパゴダとはかなり雰囲気が違う様子でした。

ちなみに訪れた時は修復作業の最中でした

ゴドーパリィン寺院

612

イラワジ川の近くにあるパゴダ。

629 628

ちなみにこのパゴダの入り口左側に登れるパゴダがあります。(2枚目の左に写ってるパゴダ)

616 617

女の子たちに連れられて登らされました。

621

可愛いなぁと思っていたら…

「ポストカード買って!」と最後に言われました。

恐るべしミャンマー娘

タビィニュ寺院

555

このパゴダも大きく他のパゴダに上った際によく見えるパゴダでした  

…   …   …  

いや、パゴダのレビュー難しすぎますね!?

  まぁどのパゴダも総じて良かったです(雑)

名前が分からないパゴダたち

451 446 506

Eバイクで適当に周って発見したパゴダです。 登れるパゴダも結構ありますよ。

バガンで朝日と夕日を見よう!

バガンといえば朝日と夕日がとても綺麗なことで有名です。
もちろんさいふぁんも両方見てきました!

※日の出、日没の時間は時期によって異なります。
 時間はホテルの人が知っているので聞いてみるのが良いと思います。

バガンで朝日を見よう!

さいふぁんが朝日を見たのはシュエサンド・パヤー 。
朝日の30分前に行きましたが上から一段目と2段目はかなり人でいっぱいでした。
1段目はもうすでに登れなかったです。  

そして大変申し訳ないんですが…。  

写真撮り忘れました!   朝5時前に起きましたからね…。

多分寝ぼけていたんだと思います…。  

参考までに「バガン 朝日」で検索してみてください笑  

こんな感じの風景が本当に見ることが出来ます。 無題

是非自分の目で確かめてみてください!!!

バガンで夕日を見よう!

朝日と同じように夕日も非常に有名です。
今回はシュエサンド・パヤーとイラワジ川のクルージング、2回夕日を見てきました。

シュエサンド-パヤー

日没の45分前頃にシュエサンド・パヤーへ。 470

やはりもうすでに人がいっぱいでした。 ここはかなり人気スポットなので一番上の階で夕日や朝日を見たい方は1時間30分前には 場所を確保した方がいいかもしれません。

485

綺麗でしたね…。 夕日って写真で撮るのが難しいので、実際に見た夕日とは少し違います。

実際に見てほしいですね。感動モンです。

イラワジ川

2日目の夕方はイラワジ川をクルーズしながら夕日を見ました
川沿いに行くと船着き場があります。

640

料金は交渉制です。 最初は15000チャットと言われましたが11000チャットまで値下げしてもらいました。 1人当たり5500チャット(550円)ですね。

631

もちろんビールを買ってから船に乗り込みました!

642

何回見てもミャンマーの夕日は綺麗ですね…。

648

遠くにはこれまでに訪れた寺院が見えます   向こう岸には埋め立て工事をしているところもちらほら。 数年後には開発が進んでいるんでしょうね…

659

クルーズは1時間30分ほどで終了。   ビールを飲みながらの夕日、最高すぎでした。

バガン観光は何日必要?

個人的にはバガン観光は1日半で楽しむことが出来ると思います。  

さいふぁん達は早朝にマンダレー出発したので午後1時ごろバガンに到着しました。

1日目午後:バガンをEバイクで適当に徘徊(笑)→シュエサンド・パヤーで夕日鑑賞
2日目早朝:シュエサンド・パヤーで朝日を見た後、部屋で仮眠
2日目日中:バガン内の主要な遺跡をEバイクで観光
2日目夕方:イラワジ川クルージング

1日半をこんな感じで過ごしましたが、十分楽しめました。
人によってはこれ以上滞在すると遺跡に飽きてしまうかもしれません笑

バガン観光まとめ

感想

バガンはミャンマーで一番有名な誰もが行く観光地ですが…  

まぁ、やっぱり最高でしたよ  

ここははずせない観光地ですね   もちろん一つ一つの遺跡も魅力的なのですが…   やはりバガンの魅力は見渡す限り一面に遺跡があるということだと思います。   Eバイクでバガン内を走ってる時、遺跡に登って周りを見渡した時、どこを見ても遺跡があるんですよ。あの光景は鳥肌が立ちますよね。不思議な空間でした。  

写真だと伝わりにくいので是非、実際にいって味わって見てください。

バガン入域料について

バガンの入域料は2016年1月の時点で25000チャットです。  

ところがマンダレーからバガンに入る際、この入域料は取られなかったんですよ…  

さいふぁんたちは1日目のシュエサンド・パヤーに入ろうとした際に、入域パスの提示を求められて、25000チャットを払うことになりました。それ以降は一度も入域チケットをの提示を求められることはなかったです。  

つまり…  

シュエサンド・パヤーにさえ行かなければ入域料は払わなくてもok?

なのかもしれません笑  

参考程度に知っておいてもいいかもしれません。    

さて、これでバガン編は終了です! 次回はカロー編!多くの人は聞いたことのない場所だと思います。 しかしここでも最高の体験が待っていました…。 お楽しみに!!!  
ミャンマー旅行記(カロー編その①)~カローという街を知ってるかい?~  

スポンサーリンク
レクタンクル(300×250)
コメントの入力は終了しました。