ビジネスマンの必需品?Briefingの3wayバッグを買ったよ

こんにちは、さいふぁんです。

今回はさいふぁんが買ったbriefingの3wayバッグ、c3linerのレビュー記事です。

営業職のビジネスバッグ、どうしましょう?

普通のブリーフケースだと足りないんだが!

さいふぁんは営業として都内を駆け巡ってます。

普段の持ち物は

・ノートパソコン

・ノートパソコンの充電池

・製品のカタログ(そこそこ分厚い)

・CCNA(資格試験)の参考書

・ジムorボルダリング用の着替え

・小物(名刺入れ、財布、社員証、ペンなど)

・携帯電話2台+充電器

それまで使っていた鞄はUNITED ARROWSで購入したブリーフケースなのですが

上記の荷物を入れるとパンパンになって非常にカッコ悪いのです…

3wayバッグを選んだ理由

今回はビジネスバッグを購入する上で、さいふぁんは3wayバッグを購入しようと決めていました。(今すごい流行ってません???)

理由は2つです。

・先ほど書いたように荷物が多く、重いので背負ったほうが(きっと)楽。

・営業先に行く時にはリュックだとカジュアル過ぎるのでブリーフケースとしても使いたい。

というわけで3wayバッグ良いなーと思ったのです。

Briefing(ブリーフィング)ってどんなブランド???

BRIEFINGは、1998年にミル・スペックに準拠した真の”ミリタリズム”を追求し、卓越した機能美を持つラゲッジレーベルとして開発されました。

BRIEFING公式サイトより

カバンのタグには「MADE IN USA」と記載がありますが日本のメーカーです。
(さいふぁんもずっとアメリカのメーカーだと思ってた…)

ただし1998年の創業以来から生産は一貫してアメリカだそうです。

 

BRIEFINGの特徴は大きく分けて2つあります

1. 製造はなんと軍需工場!

BRIEFINGの製品は全て軍需工場に製造を依頼しています。

ただのMADE IN USAに留まるのではなく、実際の軍需工場で製造することで、カバンに世界観をもたせているそうです。

 

 

分かる

 

 

そういうの、好きになっちゃいますよね…

 

看板素材のバリスティックナイロン(1050デニール・ダブルバスケット・ウィーブ)は優れた耐摩耗性を備え、米国ではガンケースなどにも使われています。

実際にはオーバースペックなのかもしれないのけれど、こういうとこロマン感じますよね。

2. ミリタリーをタウンユースに

BRIEFINGのデザインソースは”ミリタリー”のままであってはならない。
アメリカが本気で生み出す、強靭なパーツや最高峰の技術。この本質を理解し、その充分すぎるほどの機能を、どうタウンユースモデルに搭載し、どのようなスタイリングに仕上げるか、そして必要最小限のミニマムな機能として再構築することができるのか…

BRIEFING公式サイトより

ただのミリタリープロダクトに留まらないのがBRIEFING。

公式サイトのブランドコンセプトにもあるように、いかにミリタリープロダクトをタウンユースに落とし込むのがブランドのデザインの流儀のようです。

 

つまり

 

ミリタリー且つスタイリッシュ

 

 

かっけぇ

C3ライナーのレビュー

c3linerはこんな感じ

それではここからは実際にさいふぁんが購入したC3ライナーのレビューです。

サイズについてですが

ヨコ 460mm タテ350mm マチ100mm

上記のようにビジネスバックとしては大きめの部類に入ると思います。

先日2泊3日で出張に行きましたが、余裕で荷物入りました。

このように180度カバンが開くので便利です。

カバンをタテ置きにしてもヨコ置きにしても荷物が取り出せます。

Mac book Air 13インチもすっぽり入ります。

ポケットは片側が3つ

 

もう片側は1つとなっています。

カバンの前面はポケットが3つです。

すぐに取り出せる位置にあるので、財布や社員証、スマホを入れています。

(ポッケに入れるとスーツの形が崩れるので、基本カバンにしまいたい派です。)

普段はこのようにリュックスタイルで使用しますが…

リュックのストラップは背面に収納できます!

リュックかどうか分かりません!

C3linerの良いところ、悪いところ

c3ライナーを購入して3ヶ月ほど経過したのですが、

使用して良いところと悪いとことが見えてきました。

形がカッコいい、スタイリッシュ

Briefingにはこのように3way ブリーフケースがいくつかあるのですが…

 

タテとヨコのバランスが一番良いのがc3ライナーなんですよね。

(あくまでの主観的な意見なのですが…)

リュックスタイルで背負っても、ブリーフケースタイルで背負っても一番かっこいいのはc3ライナーなです!(断言)

縦置き、横置きが可能

c3ライナーにはこのように上側にも持ち手が付いているのですが、これが想像以上に便利なんです。

 

電車の座席に座っている時、このように横置きしてしまうと通路にはみ出してしまうのですが…

このように縦におけると足元にすっぽり収まります。

これが意外と便利(というか安心)なんですよねー。

立ってる時にカバンを地面におくのも省スペースだし、持ちやすいんですよ!

じょうぶ

バリスティックナイロン(1050デニール・ダブルバスケット・ウィーブ)は丈夫(雑)

重い

バリスティックナイロン(1050デニール・ダブルバスケット・ウィーブ)は重い(雑)

高ぇ

BRIEFINF C3ライナーの価格は…

 

税抜き価格 ¥49,000

税込み価格 ¥52,920

 

 

¥52,920

 

 

高いなぁと思ったさいふぁんは…

どんなに荒い使い方をしても少なくとも5年は使えると思ったので

 

¥52,920 ÷ 5年 ÷ 12ヶ月 = ¥882

 

「月々882円で使える!」という謎の式を生み出し、購入しました(意味不明)。

まとめ

十分な大きさで必要な荷物は全て入りますし、且つスタイリッシュ!

BRIEFINGというブランドのコンセプト、世界観も調べていく内にとても好きになりました。

買って本当によかったです。

 

関連記事

MAMMUT(マムート)のオールラウンダージャケットを買いました。

新社会人がPlayersオフライン特別講座に潜入してみた

レインジャケット(登山用品)でスノボとかスキーはできるのか?

スノボ初心者が絶対に購入すべきもの3つ!

蔵王がスキー、スノボにおすすめな3つの理由