レインジャケット(登山用品)でスノボとかスキーはできるのか?

こんにちは、さいふぁんです。
 
今回もスノボについての記事です。(これで多分終わりです笑)
 
今期は石打丸山と蔵王の2箇所でスノボをしたわけなのですが…
 
前にもお伝えしたようにさいふぁんはスノボ初心者でした。
 
そう、スキーウェアとか持ってなかったんです。
 
レンタルとか面倒だしお金かかるしなぁ、買おっかなーと思っていたのですが…
 
 
あ、このあいだレインジャケット買ったわ
 
 
 
どうにかしてレインジャケットをスキーウェアの代用にできないかなと思ったのです…
スポンサーリンク
レクタングル(336×280)

レンタルがそもそもどれくらいかかるのか

例えばさいだんが行った蔵王ではウェアのレンタル代は2500〜3500円のようです。
 
5日間行けばおよそ15000円くらいにはなりそうです。
 
 
15000円あればハードシェルのパンツを買って今あるレインウェアと組み合わせることができるのでは?
 
 
 
よし、レンタルはやめて購入しよう

スキーウェアを登山用品で代用しよう!

ということでレンタルでも結構かかることが分かったので…
 
やっぱり買おうという結論に至りました。
 
そしてついこの前レインジャケットを購入したので…
(その他にも登山用品をいくつか所持していたので)
 
これをスキーウェアとして利用しようという結論に至りました。
 
 
結果的にこんな格好になりました。
ということで一つずつ見ていきましょう

上半身

ベースレイヤー:モンベルのジオライン

まず最初にベースレイヤー
 
最初にいっておくとベースレイヤーが一番大事です
 
さいふぁんはこいつのおかげで快適にスノボができました。
 
暖かいのはもちろんのこと、
 
 
速乾性と抗菌性がヒートテックと桁違い
 
 
スキー、スノボは結構激しい運動なので汗を大量にかきます。
 
しかしリフトなどで待ったく身動きをしない時も結構あるんですよね。
 
そんな時に一番辛いのが汗冷え
 
でもジオラインのおかげでリフトに乗っている途中でも全然寒くありませんでした。
 
そして3日間着ても臭くならない優れた抗菌性
 
価格帯も他のブランドに比べると安いのでジオラインは本当におすすめです。

ミドルウェア:モンベルのクリマプラス200

アウターウェアのオールラウンダージャケットには保温性が皆無なので、ミドルウェアには中厚手のフリースを。
 
コスパに一番優れているモンベルのクリマプラスをチョイス
 
素晴らしく暖かいです。
 
これ一枚で本当に暖かいので街着としても愛用しています

アウターウェア:マムートのオールラウンダージャケット

保温性は皆無ですが、防風性と防水性、そして透湿性は素晴らしいです。

下半身

インナー:ノースフェイスのやつ(適当)

なくても良かったのですが、持っていたので一応履きました。
汗を吸ってくれるのがgood。

パンツ:モンベルのロッシュパンツ

膝やお尻の部分が厚くなっていて安心です。
エッジガードも付いているのでウィンタースポーツに向いていると思います。
 
保温性にも優れています。スノボ中に寒いと感じたことはありませんでした。
 
迷いましたがこっちもおすすめです。

結果:レインジャケットでスノボはできる

 
ということでこの格好でスノボをしてきたわけですが…
 
 
 
すこぶる快適である
 
 
 
いや本当に快適でした。さすが登山用だけはありますね。
 
蔵王とか山の上の方は普通に氷点下10度近くあったんですけど余裕でした。
 
そして気づいてしまった…
 
 
あとはアイゼンだけ買えば冬山に挑戦できるのでは???
 
 
日常生活から登山、スキーやスノボまで用途が幅広いので登山用品は本当におすすめです!
 
 
それでは!
 
スポンサーリンク
レクタングル(336×280)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(336×280)
コメントの入力は終了しました。